ウェディングドレスの選び方

ひとくちに「ウェディングドレス」と言っても、星の数ほど存在します。ただドレスショップに行っても、ドレスがたくさんあればあるほど、一枚ずつ試着なんてできません!みるだけでも時間的にまず無理です。精神的にもキッいでしょう。
そこで、ドレスを選ぶ前に、頭にいれでおいたが断然!自分に似合うウェディングドレスを選べる予備知識を伝授します!!

まず・・・ドレスを構成する要素はこの六つ

1.ドレスのボリューム
2.ドレスの色      ・・・・・  物理的要因での絞り込み
3.ドレスの形
4.身生地と装飾    ・・・・・  なりたいイメージ
5.ネックタイプ
6.袖のタイプ      ・・・・・  似合うものを探す

 雑誌の「選び方」とかを見ても、こんな風には書いてありません^^;
この順番に消去法で決めていくのがベストだと考えています。
では、順番に、詳しく説明しますね!

物理的要因1・・・ドレスのボリューム
ここで言う「物理的要因」とは、既に決まってしまっている枠に当てはまるものを選ぶということです。

まず、会場の広さに対して、歩けるボリュームのドレスであること。

「ボリューム」はあまり聞かないかもしれませんが、とにかく大事です。ドレスラインよりも、まず体積を重視したほうがいいです。ドレスラインには、おおまかに次の4タイプがあります。
ドレスラインの違い

が、同じラインでもトレーンの長さによってかなりボリュームが変わります。

トレーンの長さによる違い

小さなレストランで大きなスカートに長いトレーンでは、歩くこともできません。椅子をなぎ倒し、ゲストに引っかかりながら進むことになってしまいます。せっかくの長いトレーンを広げるスペースもないのでは、ずっと丸めて抱えたままになってしまいます。ずっとスカートの裾を両手に抱えたままの花嫁さんなんて、イヤですよね?

逆に、広い広い会場に、スレンダードレスの花嫁さんでは、花嫁さんの存在がわかりません。
スレンダーは、ややもするとゲストの衣装とほとんど同じです。白だから見分けが付く、という程度になってしまいます。「あれ?主役はどこ??」なんてのも、イヤですよね~多少は、ドレスを選んだあとでパニエで調節することもできます。たとえば・・・

ドレスが同じでパニエを変える

でも、明らかにボリュームの合わないスカートのドレスは、まず、却下されます。
着る会場で「着られない」ものは、選択肢からまずはずします。これが、ショップの人に会場と人数を伝える理由です。自分でも、どの程度の広さがあって、自分が歩けるスペースがどの程度か、しっかり下見のときに確認しておきましょう!ショップの人に口で伝えるだけではうまく伝わりません。できれば会場の写真を撮っておくとベスト★です!

 

物理的要因2・・・ドレスの色

まず白いドレスについて。白ウェディングドレス、といっても、その「白」はいろいろあります。
おおまかに分けるとこの3色。自分の肌の色に対して、浮きすぎる色のドレスを選択肢からはずします。 

白の微妙な違い

基本的に、オフホワイトならほとんどの人が大丈夫ですが、黄みの強い肌や日焼けした茶色い肌の人はアイボリーやシャンパンカラー。抜けるように白い青みの強い肌の人は、青みのホワイト(白衣のような白)のほうがいいです。多少はお化粧やおしろいでもなんとかできますが、塗ったくりたくない場合は特に、肌の色に合わせたおいたほうが賢明です。

カラードレスの場合も、まず黄み系の色か、青み系の色かだけは決めておきます。

 

なりたいイメージ・・・ドレスの形

ここまで絞ってから、ドレスラインを検討します。ある程度は、会場の広さで絞られると思いますが・・・基本的にはこの4タイプに分けられます。

ドレスの形1

 

スレンダー

マーメイド

Aライン

プリンセス

身長
体型
イメージ
会場

高め
細め~ふつう
スマート
ゲストハウス
レストラン

高め
細身でグラマー
シック
ゲストハウス
教会(トレーン有)
レストラン

誰でも
誰でも
生地しだい
どこでもOK!
妊婦さんに!

誰でも
誰でも
生地しだい
ボリュームによるがどこでもOK

もう少し分けると、こんなものもあります。
ドレスの形2

 

アンピール

ベル

アンクル丈

ミニ丈

身長
体型
イメージ
会場

ふつう~高い
ふつう
やさしい
ゲストハウス
レストラン
妊婦さんに!

低め~ふつう
細め~ふつう
かわいい
レストラン
ホテル/結婚式場

低め~ふつう
細め~ふつう
ナチュラル
ガーデン
レストラン

低め
細め
かわいい
ガーデン
レストラン

大体、着てみたいタイプを3~4つに絞ります。そして、その3~4タイプをとりあえず着てみます。この時点では細かい所は気にせず、とにかく形が違うものを選びます。似合う! 似合わん!!というのが着てみると分かりますので、似合う、と思ったタイプから2タイプくらいに絞ります。

 

なりたいイメージ・・・素材と装飾

ドレスの形のほか、身生地の素材も重要です。硬くてハリのある素材でできているのとやわらかくて身体にフィットする素材レース素材など、ドレスの印象はまるで変わります。

ドレスの素材

ハリのある素材でも、ツヤのあるなしレースはレースでも、カットワークのレースか、やわらかいレースか。総レースは総レースでも、下地がサテンかオーガンジーか。レースの素材がシルクかコットンかでも、まるで違います。できれば、ドレスの形別の3~4着を選ぶ時点で素材もそれぞれ違うものをチョイスすると、手間が省けます。そこまで選別できないときは、まず先に形を2つくらいに絞った後で、生地タイプを3~4枚着てみます。


首周りの種類にはこんなものがあります。
ネックラインの種類

 

Uネック

スクエア

ハイネック

丸首

首の長さ

体型

不問

不問

不問
短い○
不問

長い○
短い×
細身~ふつう

長い○
短い×
細身

 

Vネック

ボートネック

オフショルダー

ビスチェ

首の長さ
二の腕
体型

不問
短い◎
不問
太め○

不問
短い△
細身~ふつう

不問
長い△
ふつう

長い△
(アクセ次第)
ふつう~太め

 
袖のタイプにはこんなものがあります。
袖タイプの種類

 

キャミソール

フレンチ

5部袖

長袖(10分)

二の腕

ふつう

細め~ふつう
太め×

不問
細め&太め○

不問
細め&太め○

 

タンクトップ

半袖(3分)

パゴダスリーブ

アメリカン

二の腕

不問

細め~ふつう
太め×

不問
細め&太め○

ふつう

 
一応首の長さや二の腕を参考に出してますが、とりあえずいっぺん着てみたほうがわかります。首や袖のおおよそのイメージが決まったら、デザイン違いを出してもらって、最後の2・3着まで一気に絞ります。ここまで来てから、彼を呼んで見てもらい、決めるといいでしょう。そのまま彼の衣装もドレスに合わせて選べば手間も省けます。

挙式と披露宴の流れでタイプを決める

Aラインやプリンセスなどボリュームがあり、かつトレーンが長いドレスは教会式・ご披露宴最初の新郎新婦入場の定番衣装ですね。

そして、再入場の時に、新郎新婦がテープル回りをするため、トレーンとボリュームがあまりないドレスがお勧めです。また、ウェディングドレスの色を変えたり、カラードレスにしたりして自分が好きのように組み合わせることができます。

 

二次会パーティー

ドレスがなかなか、最後の決定ができないことがあります。甘辛度のバランスが納得できないとか、もう少しノーブルだったら、もう少し可愛かったら・・・という、 「あともうちょっと・・・だったら」 という願望があるときです。
実は、 「もうちょっと」 くらいだったら、小物でカンタンにいじることができます!

 では、実際に選んでみましょう。
http://www.goldendown.co.jp/wedding-dress