結婚式費用の節約術

結婚式費用節約術(挙式会場編)

平均金額
挙式費用の首都圏平均:26.1万円

節約ポイント;

挙式のやり方(①教会式or②神前式(神殿の前で杯を交わす方法)or③人前式(友人や親戚など、人に証人になってもらう方法))によって費用は異なり、単純に挙式費用のみを見ると③が格安。

ただ、挙式方法によって、その後の流れ(披露宴内容・招待客・衣装内容等)が変わる=総費用が変わるので総合的に考える必要がある。

施設利用料としては、一般的に、披露宴会場とセットになっているセットプランの方が別々に手配するよりも割安です。

会場選ぶに当たって:

最も大きな節約ができるポイントは、「会場選びと衣装選び」にある。

特に会場で「契約をする前」に、以下に自分に有利な条件を設定できるかが大切です。

ポイントは、会場を見に行く際に、
「初めて相談に来ました感」が担当者に伝わらないようにすること。

これ、地味なようでいて大事なポイントです。ブライダルコーナーや式場のぶランナーは、「ご見学されるのははじめてですか?」とほぼ必ずに聞いてきます。その時に、「いえ、〇〇をもう見てきたので、比較検討しようと思っているんです」と具体的にライバル店の式場名を出せたら最高です。

できることなら、ライバル店のパンフレットや見積もりを持参し、「悩んでるんです~」などと言ってみせてしまうのも手。口先だけよりも、効果が高まると思います。

ですので、予備知識をつけてから本命の会場に足を運ぶ。これをまず心掛けることが節約の一歩だと心から思います。

また、披露宴会場とセットにしたほうが、「挙式会場使用料無料になる」など特典が多いです。

その際のポイントを下記に記します。
いろいろなサイトを比較検討する
ポイントは、同じ会場でも、サイトによって特典が異なる場合があるという点にあります。

ゼクシィnet
鉄板サイトですね。
便利なツールが充実しているので、とりあえず会員登録しとくと便利です。

【プラスポイント】
・情報量の絶対量が多い
・会員登録すると絶妙なタイミングで必要な情報が送られてくる
・花嫁カフェというSNSがあり他の花嫁さんたちと情報交換できる
・ダンドリチェック(式の日を登録で今何をする時期か教えてくれる機能)が便利

【マイナスポイント】
・他サイトと比較しお得度は低め
・混んでいてネットの接続が悪い

クラース(CRAS)
「大人のウェディング」をテーマにした総合情報サイト。

【プラスポイント】
・他のサイトでは見られないリュクス(上質)な会場の情報が豊富
(その分ブライダルフェアの特典も豪華!)
・プロのコンシェルジュが無料で結婚式場を紹介するサービスがある
(完全無料のサロンあり。
成約するとディズニーランドチケットやエステ無料券等特典あり。)
・特典が豪華
詳しくは⇒ 会場特典記事 
・比較的空いていて接続不具合がほとんどない

【マイナスポイント】
・大人の結婚式だけあって、お値段設定は普通。
(披露宴会場は特別なところで豪華にしつつ、それ以外の所で節約するべし)
・他の花嫁の声は口コミのみでやや情報量が少ない
http://www.cras-wedding.com/

オズモール
30万円以上の特典もあるお得度はNo1の総合情報サイト。

【プラスポイント】
・サイト経由特典がダントツで良い
・ドレスもお値打ち価格のものが多く掲載されている
(10万円以下の特集が頻繁に組まれている)
・式場・披露宴会場以外のお値打ちプランが探せる(ネイル・ヘア・エステ等)
・比較的空いていて接続不具合がほとんどない

【マイナスポイント】
・招待状など、ペーパー類の情報はほぼない
・他の花嫁の声は口コミのみでやや情報量が少ない
http://www.ozmall.co.jp/wedding/

純粋な口コミサイトをチェックする
口コミだけを集めるサイトも合わせてチェックすると、
花嫁や列席者の生の声から会場の本当の姿がわかりやすいです。

結婚式費用節約術(披露宴会場編)

平均金額
披露宴披露パーティの首都圏平均:
356.7万
※招待客人数は69.2人、挙式費用・衣装代込

披露宴披露パーティにかかる費用項目とは?:

◆料理
披露宴で最もお金がかかる項目。そして最も大切なおもてなしの項目でもある。

◆ウェディングケーキ
生ケーキは800~1,200円×招待人数が一般的。
まるごと1つで5~15万円という料金設定も。
セレモニー用のつくりもののウエディングケーキは2~3万円程度。

◆飲み物
フリードリンク設定が基本。どんな種類の飲み物が含まれるのか確認を。

◆挙式費用
挙会場使用料・新婦やオルガン奏者お礼等費用一式。
挙式スタイルによって金額は異なる。

◆会場装花
メイン・ゲストテーブル、ケーキ、キャンドル、点火棒、ナイフなどに飾る花代。

◆ブーケ・ブートニア
新婦が持つぶーけ、新郎衣装の胸元にさすブートニアの料金。
今流行りのブリザーブドフラワーで手作りすると格安&残るので記念になる。

◆ヘアメイク
新婦の着付け・ヘアセット・メイクを行う施術料金。

◆新郎新婦控え室使用料
着付け・ヘアメイクを行う部屋の使用料。
提携のヘアメイクを使用すると無料になることも。

◆招待状・ペーパーアイテム
招待客に出す招待状・席次表・メニュー表・席札の料金。
会場・外部業者・手作りの順に金額が高い。名前や宛名書きは別途有料。

◆写真撮影・DVD・ビデオ撮影
会場提携>外部業者>友人 の順に高い。
記念集合写真は披露宴中のスナップ撮影と別料金の場合も。

◆司会者
式場提携だと6~10万円、外部で探すと4~6万円で依頼可能。

◆会場使用料
披露宴会場使用料。招待人数に応じて会場の規模・使用料は変わる。

◆音響・照明・モニター使用料
BGM用の音響設備、マイク、入退場時の照明等の料金。

◆引き出物・引菓子
外部から持ち込む場合、1セットあたり200~500円の持ち込み料金が発生。
引き菓子だけでも式場で頼めば持ち込み料が掛からないケースも。

◆引き出物袋
会場の名前が入った引き出物用の袋。1枚200~400円程度。

◆衣装
新婦衣装(白ドレス。+カラーの場合も)と新郎衣装(タキシード)代。
選ぶ内容と点数によって変動する。

節約ポイント

◆ブライダルフェアを利用
多数の会場が集合して開催するブライダルフェアは、通常よりも格安だったり特典が多くついている限定プランの設定があるケースが多い。

気に入ってその場で申し込むと更なる割引やサービスが追加されることも。
模擬結婚式やウェディングドレスの試着、引き出物や引菓子の展示などもあり、いろいろ一気に体験・比較検討可能なのがポイント。

◆仏滅など結婚式において人気の低い日取りを選ぶ
日取りで重視する人が多い、六輝(先勝・友引・仏滅・先負・赤口・大安)。
中でも仏滅は、なかなか会場が埋まらないこともあり、大きな特典や割引を設定していることが結構あります。

仏滅は、逆にその日から良い方向に向かって上がっていくという意味にとり、
気にしないカップルも増えているようです。

◆オフシーズンに行う
気候のよい春と秋にウェディングが増える一方、寒い2月と暑い8月、その前後は人気がないので料金設定が割安だったり、特別割引を適用してくれることも。

◆招待客を増やす
合計での金額はあがりますが、一人当たりの収支はプラスになる傾向があります。

◆支払いを「後日」にしてもらう
直接的な節約ではありませんが、後日にすることで祝儀を支払いに補填できるので負担が激減します。

通常ですと、下記のような支払い方法の場所が多いです。
①予約後一週間以内に申込み金(3~10万円前後、式場により異なる)
②式当日の一か月前程度の時期に見積金額の50%
③10日前~前日まで等の直近時期に残金全て

◆お得になるルートを経由して申し込む
結婚式会場は、どこを通して契約するかによって値段設定や特典が変わります。
下記のようなルートがおすすめです。
共済ブライダルプラザ
お得な提携式場でのプランや持込料の免除・衣装の格安レンタル等あり
※ご自分の地域の共済を検索するには ⇒都道府県民共済グループ

スマ婚
同じホテルでも、直接申し込むのとは料金設定がかなり異なります。

オズモール
会員登録が必要ですが、約30万円もお得になるオズ限定プレミアム会場予約あり

披露宴会場を選ぶにあたって:

◆いろいろなサイトを比較検討する
ポイントは、同じ会場でも、サイトによって特典が異なる場合がある
という点にあります。

ゼクシィnet
鉄板サイトですね。
便利なツールが充実しているので、とりあえず会員登録しとくと便利です。

【プラスポイント】
・情報量の絶対量が多い
・会員登録すると絶妙なタイミングで必要な情報が送られてくる
・花嫁カフェというSNSがあり他の花嫁さんたちと情報交換できる
・ダンドリチェック(式の日を登録で今何をする時期か教えてくれる機能)が便利

【マイナスポイント】
・他サイトと比較しお得度は低め
・混んでいてネットの接続が悪い

クラース(CRAS)
「大人のウェディング」をテーマにした総合情報サイト。

【プラスポイント】
・他のサイトでは見られないリュクス(上質)な会場の情報が豊富
(その分ブライダルフェアの特典も豪華!)
・プロのコンシェルジュが無料で結婚式場を紹介するサービスがある
(完全無料のサロンあり。
成約するとディズニーランドチケットやエステ無料券等特典あり。)
・特典が豪華
詳しくは⇒ 会場特典記事 
・比較的空いていて接続不具合がほとんどない

【マイナスポイント】
・大人の結婚式だけあって、お値段設定は普通。
(披露宴会場は特別なところで豪華にしつつ、それ以外の所で節約するべし)
・他の花嫁の声は口コミのみでやや情報量が少ない
http://www.cras-wedding.com/

オズモール
30万円以上の特典もあるお得度はNo1の総合情報サイト。

【プラスポイント】
・サイト経由特典がダントツで良い
・ドレスもお値打ち価格のものが多く掲載されている
(10万円以下の特集が頻繁に組まれている)
・式場・披露宴会場以外のお値打ちプランが探せる(ネイル・ヘア・エステ等)
・比較的空いていて接続不具合がほとんどない

【マイナスポイント】
・招待状など、ペーパー類の情報はほぼない
・他の花嫁の声は口コミのみでやや情報量が少ない
http://www.ozmall.co.jp/wedding/

 

マイナビウエディング
3か月以内のお得なお急ぎ婚プランの用意があったり、
とにかく何もわからない!という方にピッタリな、
たくさんの写真から気になるものをクリックすると、
そのフィーリングに合った会場を紹介してくれるサービス、
予算から会場を選べるサービスなど、
新しい感じの内容が多いサイト。

【プラスポイント】
・お急ぎ婚の方にお得な3か月以内プラン多数
・試食会付のブライダルフェアが手厚い
・御祝儀内プランや会費制プランなど、他サイトにあまり見られないプランが充実
・比較的空いていて接続不具合がほとんどない
・会場予約をすると最大20000円の商品券がもらえるなど、お得なキャンペーンが多い
・会場を予算で絞れるなど、検索機能が充実

【マイナスポイント】
・披露宴会場以外のはほぼない
・他の花嫁の声はほぼない
http://wedding.mynavi.jp/

◆純粋な口コミサイトをチェックする
口コミだけを集めるサイトも合わせてチェックすると、
花嫁や列席者の生の声から会場の本当の姿がわかりやすいです。

結婚式費用節約術(衣装編)

平均金額
婚礼衣装(ドレス・タキシード)の首都平均: 55.4万円
※新婦衣裳41.4万円+新郎衣装14.0万円

婚礼衣装の選択肢とは?

  1. 借りる(レンタル

① レンタル
費用:5万円~50万円でピンキリ
一度レンタルすれば元は取れてしまうので、値段が高い=品質の良いドレスとは限りません。
なので、予算を決め、予算内のドレス屋を複数件実際に回って比較しましょう。

  1. ファーストレンタル

 自分のサイズ②合わせて衣装を作り、挙式・披露宴の後はショップに返却するというもの。
費用:15万円~(タンアンるレンタルの最安値よりは高い場合が多い)
新品・ジャストサイズで着られる&使用後の保管・メンテナンス不要がメリットですが、一般的にレンタルよりも割高傾向。

  1.  買う
  2. フルオーダーメイド

 完全オリジナルのデザイン、且つ自分サイズでイチからつくるというもの。
費用:30万円~
デザイナーと一緒にデザイン画作成⇒採寸⇒仮縫い⇒本縫いと工程が多く、労力とお金がかかるが、思いには残りそう。

  1. セミオーダー

 衣装屋で用意しているデザインの中から選択肢、自分サイズでくるというもの。
費用:12万円~
工数はフルオーダーよりも少なくて済むのでその点はお手軽。
ショップによっては、基本のデザインにちょっとした追加料金で手を加えアレンジしてくれることも。

  1. オンラインショップで買う

 種類豊富、且つオーダーメイドで自分に合うもの見つける。
費用:3万円~
ウェディングコーナーがあり種類がものすごく豊富
(ドレスからケーキ入刀ナイフ、芳名帳まで、なんでもあり)
実態ショップを持っていないため、安い
(オーダーメイドのウェディングドレスが1.7万円~など)
カテゴリー分けがきちんとされており、検索しやすい
(素材・スタイル・色・値段・装飾など、色々なタグ出検索可能です。)
問等問い合わせに対するレスポンスはかなり早い
送に追跡機能が付いているので、紛失等の事故補償あり

では、実際にチェックしてみましょう。
http://www.goldendown.co.jp/

 節約ポイント:
予算に合わせて自分にあう方法を選び、自分にあうウェディングドレスを入手しましょう。