ブーケとは何

「ブーケ」ってそもそも何? ~ブーケのはじまり

「ブーケ」ってそもそも何?何のために持つの?それは、ブーケの「生い立ち」に意味があります。

プロポーズ受諾のしるしがブーケとブートニア彼女と結婚したい!そう思った男性は、恋人に、野の花を摘んだ花束を差し出してプロポーズします。

恋人は、 「Yes」なら、その花束から花を1輪抜き取って、彼の胸ポケットに挿します。彼女が花を挿してくれたら、めでたく婚約が成立!これが、ブーケとブートニアのはじまりです。

「ブートニア」とは、花婿の胸に挿すコサージのこと。

よく、『彼には何にもいらないわ』という花嫁さんがいらっしゃるのですが、それでは、プロポーズを受けたことにならないのです!!

ブーケとブートニアは、セットでなくては意味そのものがありません。必ず、ブーケに使っている花の中から1~2輪を使います。だから、大抵の花屋さんでは、ブーケに含まれています。必ずついているものなのです。

*中には、ブーケと別料金にして、別販売にしているお店がありますので
ついているかどうか必ず確認してくださいね。

「ブーケ」はみんな一緒?~ブーケの素材いろいろ

さて、ブーケのいわれはわかったけど、ブーケなんてみんな一緒でしょ?
いえいえ、ブーケにもいろいろな種類があるんです!

まずは、素材の違い。もともとは、野の花ですから生花なんですけど、今は、いろいろな素材でブーケが作れます。代表的なのが、

生花 ・ 造花(シルクフラワー) ・ 個性的なフラワー(ビーンズやボタンブーケ)です。

  1. 生花はナマのお花。

 

生ですから、保管するには式後に、押し花やドライフラワーに加工しなおしてもらう必要があります。生の花は何よりも、生きていますから、持ったときの質感がまったく違います。生きている、体液の通った瑞々しさ、重み、かぐわしい香り、天然の色彩。何もかもが、同じものは1つとない、あなたのためだけのものです。

ただ、生の花ですから、乱暴に扱うと折れてしまったり、花びらが散ってしまったりします。投げるトスブーケは、保管用と別に用意しましょう。

また、生ですので、前日か当日でないと用意はできませんし、ライトの熱の下で4時間は保つように作れる技術が必要です。ちょっと習った、くらいではまともに出来上がらないので、作りたいときは十分気をつけて・・・
(水持ちのいい花を選ぶ・プリザーブドにする、など・・・)

  1. 造花は、主に布と針金で作ったものです。

 

軽く、何十年後でもとっておくことができますが、ナマのお花のような色や香りや瑞々しさはありません。

作り物なので、投げたり乱暴に扱っても問題ありませんが、なんだか味気ないですよね。お勧めはしません。

  1. 個性的なブーケ

 

個性的なブーケとはビーズやボタンを使って一個ずつをハンドメイドで作ったものです。

聞いてびくりしましたよね!でも、披露宴現場で実際に見ると凄くおしゃれで、華々しいものとなります。使いタイミングとしては、お色直しの時、カラードレスに着替えてご入場する際やブライダルメートにプレゼントとしてあげる時にお薦めです。但し、ブーケ自体は結構重いので、ブーケトスでのお使いは辞めましょうね。個性が溢れるウェディングにピッタリ合うと思います。

 

 

生花

造花

ビーズやボタンで作ったブーケ

瑞々しさ

◎ 生きてます

× 全くなし

☓ 全くなし

香り

◎ いい香り

× 全くなし

× 全くなし

色彩

◎ 天然色

△ 染め

△ 素材の天然色

重さ

△ 重い

◎ 軽い

☓ かなり思い

保管


別途押し花・ドライ加工
準備は前・当日のみ


半永久的に保管可能
いつ用意しても可


永久的に保管可能

自作


慣れている場合のみ


質のいい造花を!


時間をかければ自作可能

それぞれに、長所・短所があります。自分がどの部分を優先するか、十分考えて決めましょう!
うちのブーケのリンクを載せる!